いくつになってもトロフィーをもらう時は嬉しい

トロフィーをもらう時やっぱり嬉しい

みなさんはトロフィーをもらったことがあるでしょうか。

トロフィーを貰う瞬間は人生において何度もおとずれるものではないので、だからこそ価値のあるものだと言えます。

自分で注文して無理矢理手に入れることも出来ますが、そんな風に手に入れてもなんの価値もありません。

やはりスポーツなどで競争して上位にランクインしたときなどの、トロフィーをもらう時に貰ったものにしか価値がないとおもいます。

価値があるから貰ったとき嬉しいのですね。

トロフィーをあげる時どうするのか。どんな種類があるのか。

逆にトロフィーをあげる時はどうすればいいのでしょうか。

既存のトロフィーを専門店で購入するのが一般的です。

一言でトロフィーといっても形や素材、カラーなどがさまざまで、それによって金額も変わってきます。

カラーは金、銀、銅の三色が一般的ですが、最近だとオリジナリティが欲しい人の為にブラックのトロフィーもあるようです。

大きさも20cmくらいの小さめなものから、1mを超えるような巨大なものまで色々ありますね。

色やサイズなど決めて、店舗で購入するとよいでしょう。

でもやはり、オーダーメイドがいい

長い努力の末にのみ勝ち取ることのできるトロフィーですから、既存のものよりオーダーメイドのほうがトロフィーをもらう時の喜びが大きいのではないでしょうか。

オーダーメイドのトロフィーは、アクリル製や光学ガラス製、クリスタルガラス製などの透明なものが多いようです。

金額は流石に、既存のトロフィーを購入するよりも高くなりますが、世界に一つしかないオーダーメイドの物のほうが、長年の努力が報われた感じがして嬉しいのではないでしょうか。

何かに優勝、あるいは入賞した時にいただけるもののひとつにトロフィーがあります。少し形が定番的過ぎると思います。もっと斬新なものがあっても良いと思います。