最も簡単なホームページの作り方

ホームページのいろいろな作り方

ホームページの作り方と言えば、インターネット黎明期では方法が限られていました。テキストエディタを使って1文字1文字HTMLを打ち込む必要があったのです。それが今ではいろいろな方法が実用化されています。誰でも簡単に自分のホームページを作ることができますし、少しお金をかければさらに見栄えのいいウェブサイトを作ることも可能です。

最も手軽なホームページの作り方は、10年あまり前から急速に普及してきたCMS(コンテンツマネジメントシステム)と呼ばれるサービスです。市販のソフトウェアを使えばさらに凝ったデザインも可能ですが、多少の知識は必要です。市販ソフトに負けないくらい高機能のフリーソフトもあります。

CMSを利用して作るホームページ

HTMLの知識がなくても文書や画像といったコンテンツさえ用意すれば、CMSを利用してホームページが出来上がります。ページのデザイン面でも複数のテンプレートが用意されているため、レイアウトに悩む必要がありません。その分だけデザインの自由度は低くなりますが、多くの人はCMSのデザインテンプレートにそれほど不満を抱いていないものです。

CMSには汎用CMSの他にもさまざまな種類があります。芸能人から無名の個人まで幅広く利用されているブログもCMSの一種です。インターネット百科事典で有名なウィキソフトウェアやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、通販サイト向けに特化されたCMSもあります。

忙しい企業ならホームページ制作会社の利用も

CMSを利用するにはレンタルサーバーを用意する必要があります。レンタルサーバーは年額数千円程度で契約できるケースが多く、個人でも多くの人が利用しています。CMSとセットになったレンタルサーバーを選ぶのが最も手軽な方法です。あとはブラウザ上で文書を入力し、必要に応じて画像や動画などを挿入していきます。

CMSの利用には特に専門知識も必要でありませんが、企業ではそういう作業すら忙しくて手が回らないケースがあります。そんなときはホームページ制作会社に依頼するというのも1つの手です。ある程度の費用は必要ですが、余計な人件費をかけずにインターネット上で自社をアピールするのに最も効果的な方法と言えます。

ホームページ作成は少し勉強すれば素人でもできます。慣れるまでは時間がかかりますので、根気が必要です。