web戦略を重視する企業のためのweb制作術

ここ10年で大きく変わったweb制作事情

ホームページ制作と言えば、かつては見栄えのいいページを作る点に関心が集まっていました。その点は企業のwebサイトでも例外ではありません。会社のイメージを広くアピールするために、画像や動画といったコンテンツの効果的活用は今でも重要です。

しかしながらここ10年ほどでweb制作事情は大きく変化しています。従来はPCに限定されていたインターネットユーザーが、携帯電話やスマートフォンにも拡大しているのです。PCよりも小さい画面でブラウザを操作するスマホユーザーへの配慮は、今やweb制作の常識となっています。SNSの普及もwebの在り方を大きく変えており、人と人とのつながりが重視されるようになりました。

個人でも可能だがプロはその上を行くSEO対策

企業のweb制作で忘れてならないのはSEO対策です。検索エンジン最適化と訳されるSEOもまた、ここ10年ほどで大きくクローズアップされるようになりました。

大手検索エンジンで上位の検索結果として表示されるためには、予想される検索キーワードを適切に使ったページを量産する必要があります。多くの外部リンクが貼られているページほど検索エンジンの評価が高い傾向も見られます。インターネット上にはSEO関係の情報が溢れており、書店にもSEO対策の本が数多く売られています。

こうした対策は個人でも勉強すれば可能ですが、その道のプロはさらに上を行きます。web制作会社も当然のことながらSEOを研究しているのです。

スマホ対策からSEO対策まで任せられるweb制作会社

ITスキルを持つ社員に自社webサイトの制作を任せるのは、10年前までの状況であれば意味のある経営判断でした。現在でも市販のホームページ制作ソフトは、スマートフォン画面への対応やSNS連携機能が強化されています。SEO対策を実装した製品もありますが、企業webサイトにはより高いレベルでのSEOが求められます。

その点でweb制作会社はプロの仕事をしてくれます。スマホ対策やSNS連携はもちろんのこと、何百・何千ページという規模になればなるほどサイトデザインが重要になってくるのです。その点に高い費用対効果を見出せるのが判断の分かれ目となりますが、web戦略を重視する企業は判断を誤らないものなのです。

自分のホームページを持てば、そこから人脈も広がり、ビジネスを始めることも可能です。集客という点で言えば、web制作にはかなりのメリットがあります。