ネットでの風評被害対策

増え続ける被害について

 近年ではネットの匿名掲示板などを使った誹謗中傷などが増加傾向にあります。 これは本名や顔を出さずに行動が可能だというネットの長所が悪用された結果でもあります。 かつては風評被害対策と言えば、政治家や芸能人、有名なスポーツ選手ぐらいしかその必要性を認めていませんでしたが、近年では一般人がいわれのない批判に晒されることは珍しくなくなったため、他人事と考えるような真似は避け、真剣に取り組まねばならないものとなっています。

拡散の傾向とその対処

 風評被害対策は、自分や所属企業などに対する悪意ある書き込みが、どこを発信源としているのかを見つけることにあります。 これはどんな物事も中心になって取り組んでいる人物がいる、という原則に基づいたものとなります。 しかし、中心人物が明らかになった場合でも、いたずらに騒ぎ立てるのは好ましくありません。 それは何故かと言えば、こちらが騒ぐことにより注目されていると感じた相手が、更に騒ぎを大きくする可能性があるからです。

最終的には法的な対処を

 匿名掲示板やブログなどに悪口を書き込まれたのであれば、そこの管理者やプロパイダ業者に報告をして、それを削除してもらうという手段があります。 これが成功して騒ぎが収まったのであれば、それで問題はないのですが、削除に応じてくれず、騒ぎが更に拡大する様相を見せているのであれば、警察に連絡し、弁護士と相談するようにしましょう。 相手が明らかに名誉毀損だと認定できる行為に及んでいたら、裁判に持ち込んで賠償を要求することも可能となります。

インターネットを利用する上で、風評被害対策は自分や会社の尊厳や利益を守るために非常に重要です。ただし、自分で全てを監視するには限界があるため、対応が難しい場合は、専門家に依頼しましょう。