新入社員の研修で必要なこと

新入社員の研修で行うこと

新たに入社した新入社員には、まず研修を行うことになります。社会人としてのビジネスマナーを教えることと、仕事について覚えてもらうことが目的となります。まずは基本的なことを身につけてもらうことによって、1人で創意工夫して成長できるようにするわけです。ビジネスマナーに関しては社内で行う他に、外部から講師を招いて依頼する場合もあります。業務に関しては実際に現場で業務に携わる形で行われるのが一般的となります。

研修を行う上でのポイントとは

効率良く研修の効果を得たいのであれば、まずは学ぶ姿勢について教える必要があります。講習を受ける新入社員を見ていると、きちんとメモを取る人と聞いているだけの人に分かれます。その後順調に成長するのは、メモをしっかりと取るタイプの人です。そこでまず、教えることに関しては全てメモを取るように教えることが必要になります。それが習慣になるまで繰り返し教え込むことが大切です。研修はすぐに成果が現れるものではないことも理解する必要があります。

新入社員に求めるスキルとは

研修によって新入社員に身につけて欲しいスキルは、自分で考えて判断し行動できるスキルです。加えて業務を常に効率化するよう意識する姿勢です。この2つが備われば、あとは自分自身で向上していくようになります。もうひとつ大切なことは、会社が掲げる理念を共有するように徹底することです。これは仕事に対する価値観のようなものですが、誰が行う業務においても、品質やサービスを一定のレベルに保つためには必要なこととなります。

新入社員の社員研修はマナー向上を主眼に置いた物が多く、社会人になる上での基本を身に付ける事が出来ます。